もじゃもじゃ日記

タロット、占星術を勉強中

きょうの二枚引き 2017/11/22 ソード 2&ペンタクル 7

「今見えているものに動揺せず、心を落ち着かせ集中し、自分の内面によりよくなるため納得のいくための方法を問い合わせ。よく考える日」

どちらも考え事をしております。動きのない二名ですね。
ソード2は視覚情報を遮っているのに、ペンタクル 7はペンタクルを見つめています。

ソード 2はこれから満月に向かっていく夜の世界=内面世界。これから結果がわかるような状態かな、と思います。イコール、ソード2さんが出す結果はまだわからない。

背後の水面はおだやかで、気持ちは安定しており感情には突き動かされない冷静さを感じます。

なぜ、ソード2さんは目隠しをしているのでしょうか。おそらくこれは自らでしたか、望んだもので視覚情報を遮り、自分の内面を見つめるためにつけたのだと思います。
胸の前に掲げられた二本のソードはなにを意味するのか。重そうですよね。並々ならぬ手首力と腕力。このポーズをとるのは容易ではないと思うんです。

自らの心臓を守るポーズなのか、はたまた集中をするためなのか。どちらかに振れるのを集中して待っているようにも思えます。それが頭でっかちなものではなく、かつ感情的でもなく、とバランスのとれた純粋な判断が可能な環境に身を置いているのかもしれません。

ペンタクル 7は、なにかに気がついちゃった人。目の前のものをこれからどうよくして行こうかな、と考え中。といった感じでしょうか。 背後に山があります。ペンタクル 7さんはここにとどまり、実るものを改良していくのか、はたまた山を越えてあらたな納得のいく「ペンタクルを作っていく」ための技法を探し求めるのか。

ペンタクル 7さんの頭の中が、ソード 2。という感じにも見えます。ぽやややーんと吹き出しの中がソード2。という感じ。
ソード2が一緒に出ているので、この人は悩めども冷静に考えているのではないかな、という気がしますし、「こうすべき!」みたいな判断がバッサリ下せない感じがします。あっちを立てればこっちが立たず。
でも、そのバランスがピタッと揃うような核心を見つけると、物事は先に進むのかもしれません。

きょうのところは、どちらのカードにも動きがないということで、探し求める行動をするというよりも眼前のもので悩んでいるのなら、冷静によく考えるべきだ。というならびに見えます。