もじゃもじゃ日記

タロット、占星術を勉強中

どの水星で見ているか

わたしの水星は、射手座に染まりつつある蠍座の水星。

占星術も勉強しはじめました。最初は子どもが毎日興味しんしんで見ていたテレビの「きょうの12星座占い」のしくみが気になって調べはじめたのですが、気がついたら沼の中にはまっておりました。

基本的に本好き(読書家というよりは、書籍蒐集家寄り)なので、手持ち・本屋・図書館で何十冊かざーっと読んでみましたが、基礎をなす概念と構築の基本はシンプルであるというのに、先を見ると果てしないジャンルですね。我が蠍座的にも射手座的にも大好物な感じがします。(新たな発見が!まだまだ遠くまで行けそうだぜ!とか徹底的にやれるぜ!みたいな)

現在は、概念の部分を徹底的に叩き込めばいける気がする。という仮定をしたので、基礎の基礎をしっかり構築中です。

 

さて、いろいろな本がある中で「難しすぎてわからない」とか「概念を表現に置き換えた時の置き換えた表現の理由が理解できない」とかもあります。

逆に自分が「こりゃあわかりやすいぜ!」と思った本がレビューでは散々で動揺したりなどありますが、せっかく占星術やってるんだから、占星術的に考えたら、本の読み方・書き方・捉え方はその人の水星星座によるならそらあ捉え方も違うよな!と思うとなかなか楽しい。そして、あんまりレビューを参考にしなくなる。

ただ、個人的には、個人天体にいくぶんか共通点のある方のレビューはたいへん参考になっております。

わたしも、しっかり一冊ずつ使いこなしたらレビューしていきたいところです。