もじゃもじゃ日記

タロット、占星術を勉強中

きょうのカード 2017/11/04 ペンタクル 6

f:id:kariio:20171104112117j:image

きょうのカード、も!ペンタクル6でした。二日連続。

 

「渡した金貨がなにであるか、あなたはすでに理解できているでしょう。あなたがやってきた事への正当な対価がそれです。手に入れた金貨を正しく使えば、目指す場所に行くことができます。わたしはその場所からやってきました」

 

きょうカードを引いて「うわぁ……昨日と同じだ」と思いつつ、きょうは最初に目についたのは黄色のマントを着た男性でした。きょうのわたしはこの人だな、と。

そして、昨日気になりつつも保留にしたのが遠景の森と城でした。

小アルカナの城というのは目指す場所なのだそうです。言いかえればたどり着きたい目標ともいえます。

ちょうど昨日、長らくやっている勉強の内容に納得のいく現時点での結論が出ました。「あー、やっと霞のようだったものがかたちになって手中に乗ったな」という気分。

金貨=お金、ではなく、目に見えるもの。現実的に手にできるもの・こと。あとは仕事とも言えるかとしれません。泥くさいことばかりでなく、実際になければ困るものでもあります。

それを手に、たどり着きたい場所を目指していきましょう、ということなのかと思います。この絵からは湯水のようにあふれかえるペンタクル、というわけではなく一時的な今に見あった量のものですし、城へは森を抜けなければいけないようなのでまだまだ到達したわけではありませんから、きょうも精進してまいりましょうー。